本文へスキップ

社名
みすゞ機械工業株式会社
代表者
小林 充
本社所在地
〒350-0833
埼玉県川越市芳野台2-8-7
→アクセス
資本金
2000万円
設立
昭和22年(1947年)2月22日
従業員数
32名(2017年10月現在)
業種
輸送用機械器具製造業
業種
大中型トラック部品・鉄道用ブレーキ部品
PC鋼より線緊張用端末定着具      等
取引銀行
巣鴨信用金庫(常盤台支店)   みずほ銀行(川越支店)
飯能信用金庫(川越石原町支店) 東和銀行(川越支店)
足利銀行(川越支店)      商工組合中央金庫
取引企業
UDトラックス株式会社    曙ブレーキ工業株式会社
日野精機株式会社       株式会社工進精工所
日鉄住金SGワイヤ株式会社  白山商事株式会社
株式会社白山製作所      株式会社さくらテックス
株式会社ソーシン       サンワ産業株式会社
片倉工業株式会社       株式会社ニッコークリエイト
日本発条株式会社       東京管材株式会社
東洋パーツ株式会社      千代田鋳造株式会社
株式会社ユニバンス      オリエンタルエンジニアリング株式会社
                             (順不同)

沿革

昭和22年 2月
東京都板橋区に『みすゞ精機工場』を設立
電話度数計、回転計、速度計を製造・販売開始
昭和23年 4月
計量器製造事業免許下付
スピードメーター、タクシーメーターの販売開始
昭和25年 12月
『株式会社みすゞ精機工場』に改組 資本金100万円
昭和30年 6月
『みすゞ計器株式会社』設立 『みすゞ精機工場』を合併
電話保安器、スピードメーターギャーユニットの製造開始
昭和35年
日産ディーゼル工業(株)殿 [現:UDトラックス(株)殿]と取引開始
昭和36年 6月
資本金を1000万円に増資
昭和42年 3月
『みすゞ機械工業株式会社』に社名変更
資本金を2000万円に増資
昭和44年 9月
隣接用地を取得し、機械工業改築
昭和45年 
片倉工業(株)殿 と取引開始
昭和46年
(株)富士鉄工所 殿 [現:(株)フジユニバンス 殿]と取引開始
昭和56年 4月
埼玉県川越市工業団地に用地取得・工場建築開始
      10月
新工場建築完了 本社工場移転
平成 3年  3月
大同興業(株)殿 ・日本発条(株)殿 と取引開始
平成 5年  1月
曙ブレーキ工業(株)殿 と取引開始
平成 8年  8月
定着具の生産開始
平成 9年  5月
日産ディーゼル工業(株)殿 より優秀企業賞を受賞
平成21年 1月
事業継続計画(BCP) 作成開始
      3月
埼玉県中小企業振興公社 殿 より経営革新活動に対する表彰
      8月
事業継続計画(BCP) 導入
平成22年 3月
曙ブレーキ工業(株)殿 より品質努力賞を受賞
平成24年 11月
ISO9001:2008/ISO14001:2004 キックオフ
平成26年 1月
ISO9001:2008/ISO14001:2004  認証取得
平成26年 3月
日野精機(株)殿より品質努力賞を受賞
平成29年 2月
創立70年
平成29年 8月
埼玉県シニア活動推進宣言企業 認定

ナビゲーション

バナースペース

みすゞ機械工業株式会社

   〒350-0833
  埼玉県川越市芳野台2-8-7